TEL
MENU

ホーム > Blog > 未分類 > 節分

ブログ記事

節分

2014.02.02 | Category: 未分類

Pocket

明日は節分です。

節分という言葉は、「季節を分ける」という意味が含まれているそうです。言い換えれば、「季節の変わり目」という意味になります。
ですから、本当は春夏秋冬どの季節にも節分はあるらしいです。
では、どうして2月3日なのでしょうか
なぜ、どうして節分は、年に一度しかやっていないのでしょうか?
どうして2月3日なのか節分は、季節の変わり目の毎にあるらしいのですが、
季節の分かれ目とは立春、立夏、立秋、立冬があるという事です。
その前日が、節分と呼ばれているのですが、
季節は、「春夏秋冬」と書くように、一年の始まりは「春」になります。
その春の始まりが、立春です。
立春の前日、2月3日が節分により、メジャーになったのです。
一年の最初、お正月に送る年賀状にも、「新春」とか「迎春」と書きますよね。
一年のうち、もっとも大事なのが「春」だというのが分かったと思います
 その「春」始まる前日、新しい一年が始まる前日に願いを込めて、一年に一度、節分をこの時期に行うのです。